TOP > 竜の花嫁桜花五(終戦編)
竜の花嫁

[大きな画像を見る]

立ち読み:94回
(2017/4/21)

竜の花嫁

著者
風野湊
サークル名
呼吸書房
サークルURL
呼吸書房
twitter
発行
2014/11/24
ページ数
178頁
判型
その他
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
守り神たる竜の在る世界。

最後に捧げられたのは、村でもっとも嫌われていた娘。
野火のように激しく、荒々しく、彼女は村を憎んだ。

なぜ、自分が殺されねばならないのか。
問うた娘に竜は答えた。

「いいや私はもう人間を喰わない。
 おまえは村に帰っていいのだ」

============================

風景幻想特化のハイファンタジー小説です。起承転結よりも、世界の在り様やひとびとの仕草、日常の手仕事を愛する方に、楽しんでいただけるように思います。
ファンタジーと銘打っているものの、明確な魔法は登場いたしません。