TOP > そよ風文芸食堂新着順 > しあわせランチボックス 第三食クマとカレーとお姫さま
しあわせランチボックス 第三食

[大きな画像を見る]

立ち読み:99回
(2017/11/3)

しあわせランチボックス 第三食

著者
水車渓谷
編集
湯浅祥司
サークル名
そよ風文芸食堂
サークルURL
そよ風文芸食堂 ブログ支店
twitter
発行
2012/11/18
ページ数
60頁
判型
A5
印刷
その他
定価
500円
あらすじ
『しあわせ』をテーマにした、短編青春小説集(ただし、本誌は各話とも中編の長さ)。二つのストーリーを収録。ほのぼの系の話が主体となっている▼キャッチコピーは『正統派の青春純愛物語!』である。

【献立書】
・想いの引力
  高校生の秋菜は友達以上恋人未満の大地に想いを打ち明けられずにいた。ある日、秋菜は大地が見知らぬ女性と歩く姿を目撃してしまう。――ちょっと不思議な体験と新たな出会い、そして小さなケータイストラップが導く奇跡とは?

・雨が止んだら
  中学生の俊介と初華は相合傘をすることになった。だがお互いに緊張して何も話せないまま家まで辿り着いてしまう。そして次の登校日、俊介は意外な事実を知ることとなる。
 
 
  • 次回参加予定イベント:
  • 文学フリマ東京 [2017/11/23]
  • サークル番号:オ-35
  • ※この本がイベントで販売されているとは限りません。ご了承ください。