TOP > 両片思いアンソロジー「金のロベリア」小説と詩 一杯のコーヒー
両片思いアンソロジー「金のロベリア」

[大きな画像を見る]

立ち読み:46回
(2016/4/21)

両片思いアンソロジー「金のロベリア」

著者
藍間真珠,天野みなと,育美はに,柏木むし子,楠園冬樺,立田,たつみ暁,蝶々,鳥井蒼,深海いわし,群咲すみれ
イラスト
李杜
サークル名
藍色のモノローグ
サークルURL
藍色のモノローグ
twitter
発行
2015/11/15
ページ数
286頁
判型
B6
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
両片思い、滅び、強い女性をテーマとしたアンソロジー。
思い合っていても理由がありなかなか結ばれない者たちの物語。
執筆者11名によるファンタジー、SF短編集です。
※自家通販、書店委託中です。