TOP > 月は何も語らないTIERRA DE NADIE III
月は何も語らない

[大きな画像を見る]

立ち読み:59回
(2016/4/21)

月は何も語らない

著者
黒石迩守
イラスト
畑塚横
サークル名
矛盾でふらぐ。
サークルURL
矛盾でふらぐ。
twitter
発行
2010/11/14
ページ数
434頁
判型
その他
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
虚有と呼ばれる死者。 『存在しない筈の存在』であるそれは現行世界の理から外れ、理外の能力を媒介し、常に己の未練足る矛盾理由に従ってのみ事を為す。
 病質的な動機を以て盲になったものは、往々にして過つが――それは果たして死者故にか。
 同じく理外に足を踏み入れた者・媒介者は、彼等を視、識り、想う。
 一体、己はどっち側なのだろうか?

 ※サイズは新書となっています。