TOP > 新着順 > 睡蓮の書 四、知の章マーナの知将 -ミディアミルド物語 5-
睡蓮の書 四、知の章

[大きな画像を見る]

立ち読み:4回
(2017/4/25)

睡蓮の書 四、知の章

著者
文目ゆうき
サークル名
らいおんのためいき
サークルURL
睡蓮の書
twitter
発行
2017/05/14
ページ数
252頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
600円
あらすじ
◆古代エジプト風神話ファンタジー第四弾◆
「わかりたい。
 わかるわけが、ない。」
 自身の認識の変化に、ケオルは戸惑いを隠せない。
 そして、北が伝えた、予言書第51節の解釈。
 認めるわけにいかない――そうして、たった一つの疑問点を追究する。
 その示す真実が、たとえ、望まぬものであったとしても。

 事実から決して目を逸らさない、その誓いのために。
 ――自分を知る、物語。
 
 
睡蓮の書 四、知の章