TOP > 〈渡り鳥〉-郷愁の彼方-廻る針の一夕語り
〈渡り鳥〉-郷愁の彼方-

[大きな画像を見る]

立ち読み:26回
(2016/4/21)

〈渡り鳥〉-郷愁の彼方-

著者
飛瀬貴遥
サークル名
ゼロタビト
サークルURL
ゼロタビト
twitter
発行
2013/10/20
ページ数
140頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
600円
あらすじ
これは、〈渡り鳥〉と呼ばれたある有翼人たちの物語の断片。

迷い込んだ森での哀惜
〈鳥の子〉と呼ばれた少女の孤独
唄姫の最後の切望
老鳥と神の談話
そして、世界へ飛び立った鳥の望郷

鳥は願う。おわりの先にあるはじまりを。

――――――――――

本編(文庫本)とメモ本(A5サイズ)のセット。
【本編小説】短編5作品を収録。
【メモ本】各小説の裏話を収録。
 
 
〈渡り鳥〉-郷愁の彼方-