TOP > 青砥十新着順 > 愛知妖狐短編集「ゆるコン」紫陽花の色は定まらない(上)
愛知妖狐短編集「ゆるコン」

[大きな画像を見る]

立ち読み:5回
(2017/5/11)

愛知妖狐短編集「ゆるコン」

著者
青砥十
イラスト
岩里藁人,葛城アトリ,夕闇,蘭陵亭小梅,時村朱冷,ヤマモトナオキ
サークル名
眠る犬小屋
サークルURL
後輩書記シリーズ公式サイト
twitter
発行
2016/01/09
ページ数
116頁
判型
A5
印刷
オンデマンド
定価
900円
あらすじ
知られざる、愛知の妖狐物語、現る。

豊川稲荷を超える神通力の美女妖狐、
子分狐を大勢束ねる親分妖狐、
長篠の戦で被弾した怨みの女狐、
愛知に飛来した九尾の狐の欠片など、
個性豊かな愛知の妖狐たちを題材にした短編小説集。

魅力的な狐面で大人気の「だいきょ屋」さんとのタイアップで彩りも豊かに、
愛知妖狐奇譚と後輩書記シリーズ番外編と絵師6名が大集結!

さあ、愛知妖狐の世界へいりゃあせぇ。
 
 
  • 次回参加予定イベント:
  • 文学フリマ東京 [2017/11/23]
  • サークル番号:D-64
  • ※この本がイベントで販売されているとは限りません。ご了承ください。
 
  • amazonで購入する
    愛知妖狐短編集「ゆるコン」