TOP > へっぽこタルト新着順 > 蒸奇都市倶楽部報 「蠱中の天」恋ハ、必要デスカ?
蒸奇都市倶楽部報 「蠱中の天」

[大きな画像を見る]

立ち読み:63回
(2017/7/25)

蒸奇都市倶楽部報 「蠱中の天」

著者
(人見広介,赤煉瓦,他)
イラスト
へっぽこタルト
デザイン
DTPシステム軍団
編集
清水HQ
サークル名
蒸奇都市倶楽部
サークルURL
蒸奇都市倶楽部電子広報
twitter
発行
2014/11/24
ページ数
192頁
判型
A5
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
帝都に垂れ込める蒸気は濃く、深い。
――疑いはなんでもない影さえ怪物に仕立てあげる
――死を望む者は自らを救う者の正体さえしらない
――羽をもがれた蜂はおのれの手の形に驚き後悔する
――理想を崩した現実をただすべくひとり奮起する探偵
蒸気都市国家〈帝都〉にて織り成される三つの短い物語と一つの補遺。

蒸奇都市倶楽部が発行するオリジナル世界のスチームパンク風小説作品集。
通巻四号目となる「蠱中の天」には表題作「蠱中の天」に加え「影におびえる」「声にすくわれる」「探偵となんでも屋」の計四作品を収録。

※蒸奇都市倶楽部はオリジナル世界を舞台としたスチームパンク風作品を発表する団体です。
※立ち読みテキストには四編の冒頭部分を採録。