TOP > 魔宝樹の鍵 第3巻スウィートスタイルエボリューション
魔宝樹の鍵 第3巻

[大きな画像を見る]

立ち読み:1回
(2016/7/16)

魔宝樹の鍵 第3巻

著者
桐谷瑞香
イラスト
麻葉紗綾
サークル名
桐瑞の本棚
サークルURL
桐瑞の本棚
twitter
発行
2015/07/10
ページ数
284頁
判型
B6
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
夢の終わりの、その先へ――
傷つきながらも、光を求め、希望を求め、人々は歩み始める。

世界が重い空気に包まれる中、心身ともに深い傷を負ったフリートは、心を開かないリディスのことを静かに見守る日々が続いていた。
そのような中、予言者の女性に憎悪を抱き、リディスを狙う者が襲撃してくる。大切なものを護るために、フリートは剣をとるが……。

傷を負いつつも少しずつ前に進み出す、鍵と大樹を巡る冒険ファンタジー、第3巻。
3人の過去話などを描いた番外編も同時収録。