TOP > 清く正しく忌まわしく、ゆけどもどれぬゾンビライフ遺されたもの ―明日の風に・中世追憶編―
清く正しく忌まわしく、ゆけどもどれぬゾンビライフ

[大きな画像を見る]

立ち読み:3回
(2017/11/30)

清く正しく忌まわしく、ゆけどもどれぬゾンビライフ

著者
日野裕太郎
イラスト
みさわりょう
サークル名
下町飲酒会駄文支部
サークルURL
駄文の王様
twitter
発行
2017/08/13
ページ数
108頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
突如あいつらは現れた

ゾンビなのだ、と教えてくれた桃ちゃんは
噛まれてゾンビになってしまった
ほかにひともおらず
百香はゾンビの桃ちゃんと図書館で暮らす

拘束した桃ちゃんに話しかける日々のなか
ひさしぶりに出会ったのはふたりの生存者
おとなと子供、瀬尾と李は
孤独だった百香に様々なことを教えてくれて――