TOP > 山羊の死にざま調律師
山羊の死にざま

[大きな画像を見る]

立ち読み:4回
(2017/12/11)

山羊の死にざま

著者
日野裕太郎
サークル名
下町飲酒会駄文支部
サークルURL
駄文の王様
twitter
発行
2017/11/23
ページ数
40頁
判型
文庫版
印刷
コピー
定価
100円
あらすじ
山羊の平穏な日常に、ある日変化があらわれた。

屠られた見知らぬ山羊の骸を見つけ、
訃報を届けるために暮らしただろう群れをさがしはじめる。
そんななか、山羊は空を飛び、足を動かさずとも前へ進ようになっていた。
人間の言葉までわかるようになっていて、驚きながらも山羊は村を進んでいく……。

土着系ファンタジー、短編