TOP > 皮剥青年、化けものを拾う或る世界の終末
皮剥青年、化けものを拾う

[大きな画像を見る]

立ち読み:3回
(2016/12/22)

皮剥青年、化けものを拾う

著者
日野裕太郎
サークル名
下町飲酒会駄文支部
サークルURL
駄文の王様
twitter
発行
2016/12/30
ページ数
192頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
600円
あらすじ
風研ぎ職人の皮剥くんは
友達と飲んだ上機嫌の帰り道
化けものを拾ってしまった

対処に困りながらも世話を焼くなか
浮いた話や沈む話が舞いこんで
気がついたときには
崖っぷちをふらふらと
歩いている状態に陥っており……