TOP > フェル・マーの経理さん残し置く言の葉草の記 ~中~
フェル・マーの経理さん

[大きな画像を見る]

立ち読み:48回
(2016/4/21)

フェル・マーの経理さん

著者
トオノキョウジ
イラスト
FUBUKI
サークル名
クロヒス諸房
サークルURL
クロヒス諸房
twitter
発行
2014/08/15
ページ数
282頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
700円
あらすじ
「技術は死ぬのよ、誰かが守ってやらないと。だから私は作り上げたの。言葉通りの殺人(キラー)コンテンツをね!」

 真夜中の開発室で、新人経理OL増間佳(ますまけい)のスパイ行為を目撃した、三十路プログラマー安土竜吾(あづちりゅうご)。

 ある男の死を追っていると主張する彼女と共に、竜吾は東京ビッグサイトを襲う謎の銃撃事件に巻き込まれる。

 準天頂衛星ビジネスを一変させる、新技術の 『鍵』 とは。
 かつて憧れた女性が操る、『架空の銃』 と 『曲がる弾丸』 とは。
 そして、仮定と否定の向こう側にある、佳の真なる想いとは。

 彼女の n が3以上の時、竜吾は真実の証明に挑む。

 これは、謎と願いの解(こたえ)を求める、インダストリアルスパイラブハリケーンである。

※立ち読みはPDFがオススメ!
 
 
フェル・マーの経理さん