TOP > 春日横丁ラプソディしあわせランチボックス 第二食
春日横丁ラプソディ

[大きな画像を見る]

立ち読み:17回
(2017/2/17)

春日横丁ラプソディ

著者
つむぎゆう
イラスト
ぐり太
サークル名
懐中天幕
サークルURL
LITTLE RIDDLE
twitter
発行
2016/05/05
ページ数
152頁
判型
A5
印刷
オフセット
定価
500円
あらすじ
高架の私鉄と路面電車の乗換駅から伸びる商店街、その商店街の横丁にあたり、ふたつの駅の乗り換え近道になっている路地の店々を舞台に、五人の女子中学生さんの日常を描いたほのぼのライト百合ものです。以前コピー誌にて連載していた作品を単行本化。
食堂の一人娘である意地っ張りの眼鏡っ娘と金物屋の元気娘の土曜の午後を描いた『どぎまぎチャーハン』(第二話)や、茶葉専門店の一人娘が床屋の娘に髪を洗ってもらうだけの短編『はじめてのこのよるに』等、全三話。

pixivに第一話をサンプルでアップしているので、こちらには第二話『どぎまぎチャーハン』の冒頭を載せさせていただきます。(第一話をお読みいただかなくても、第二話から単独でご覧いただけます)