TOP > 星粒の奇跡を信じて毒の香
星粒の奇跡を信じて

[大きな画像を見る]

立ち読み:11回
(2016/10/22)

星粒の奇跡を信じて

著者
悠川白水
イラスト
REI
サークル名
白水の小説棚
サークルURL
白水の雑記帳
twitter
発行
2016/05/05
ページ数
26頁
判型
B6
印刷
コピー
定価
200円
あらすじ
戦争が終わり2年半ほど経ったアメリカ西部。

 小さな街で雑貨屋兼ガスステーションを営むリミナの元に、ひとりの日系人の女性が訪れる。リミナはなりゆきで彼女を一晩泊めることになるのだが……?
 
「愛も刃も心を込めて研げば、煌めきは戻るものよ。そう、折れさえしなければね」

 蒼と雲の彼方の地で、諦めない想いを胸に、人々は想い人との再会を目指す。

 既出の創作短編ライトノベル『蒼と雲の彼方で』のスピンオフとなる短編作品です。
 スピンオフですが、事実上の続編に近いものとなっています。

 現在公開されているのは物語の前半部分までです。
 完結したものは、5/5のコミティア116にて初頒布の予定となっています。