TOP > 神歌 -今、其処ニイルアタシ-尾小屋歳時記2
神歌 -今、其処ニイルアタシ-

[大きな画像を見る]

立ち読み:5回
(2017/5/16)

神歌 -今、其処ニイルアタシ-

著者
sHuIcHi
イラスト
TAKEZO
サークル名
まだ決めてない
サークルURL
まだ決めてない
twitter
発行
2017/05/06
ページ数
20頁
判型
A5
印刷
コピー
定価
100円
あらすじ
『モノ』には生命が宿る。

モノの声が聴こえる『明円礼佳』は、ある日『神居堂』と呼ばれるアンティークショップを訪れる。
そこにはクラスメイトの「物江 知」がいた。

知と交わされる神さまの存在。
しかし、礼佳は神さまを拒絶する。

「……あたしは神さまなんか信じない。神さまがもしいたら、彩佳もあたしも辛い思いなんてしなかった」

これは神居堂に訪れた人々の数奇な運命を描いた物語である――。


※オカルト寄りの現代ダークファンタジーです。