TOP > 青墓とある一族の盛者必衰(上)
青墓

[大きな画像を見る]

立ち読み:95回
(2017/12/5)

青墓

著者
唐橋史
イラスト
シモ
サークル名
史文庫
twitter
発行
2010/12/05
ページ数
35頁
判型
A5
印刷
コピー
定価
300円
あらすじ
時は中世――
旅の僧・光陰は美濃へ向かう中山道の途中で、盲目の遊女・獅子吼御前と出遭う。この世ならざるものを「見る」という彼女の不思議な力に導かれ、光陰が足を踏み入れたのは中世最後の宿場にして最大の遊女街「青墓」だった。行き交う亡魂と旅人たちの中で、光陰は奇怪な幻に翻弄される。