TOP > ミゼルでの遭遇両片思いアンソロジー「金のロベリア」
ミゼルでの遭遇

[大きな画像を見る]

立ち読み:11回
(2016/4/21)

ミゼルでの遭遇

著者
野間みつね
サークル名
千美生の里
サークルURL
千美生の里 Web版
twitter
発行
2014/08/09
ページ数
176頁
判型
A5
印刷
オフセット
定価
600円
あらすじ
■マーナから慶賀使節としてレーナの都シャーラミディアを訪れていた近衛副長タリー・ロファは、一連の行事への参加を終えた翌日、ミディアム・サーガの案内で、シャーラミディア市中へ出た。しかし、穏和裡に過ぎると思われたその散策中、何げない会話の中で或る事実に気付いてしまったタリーは、その場に立ち竦んだ…… ▼〝青い炎《グルーグラス》〟と恐れられる青年武将ミディアム・サーガや〝マーナの知将《ドー・ルーム》〟の異名を取る青年将校ケーデル・フェグラム、そして彼らを取り巻く人々──架空世界〝ミディアミルド〟の戦乱から統一へ向けての或る一時代を描く、全20巻(……増えてる気がするが気にしない(汗))予定の長編。巻末付録として、星村朱美様のイラスト類を一部再録。