TOP > ランダム(10冊) > ヤクザな退魔しあわせランチボックス 第一食
ヤクザな退魔

[大きな画像を見る]

立ち読み:52回
(2017/1/5)

ヤクザな退魔

著者
諸口正巳
サークル名
M.S.CITY
サークルURL
超絶渋系狂気都市
twitter
発行
2012/11/18
ページ数
220頁
判型
その他
印刷
オンデマンド
定価
800円
あらすじ
柏手打って鯉を呼ぶ、ものぐさヤクザのユーレイ退治。

比嘉笙矢という36歳東京都民は暴力団員である!
ただし体格と御面相には迫力がないし、あまりにものぐさで口答えも多く、しっかり者かつ腕力自慢の幹部達には毎日のようにどつかれ、後輩の若い衆にもビミョーにナメられている情けないヒラ組員だ。
しかしそんなダメ人間が15年もヤクザを続けていられるのには理由があった(ヤクザもいろいろたいへんで、バカなヤツや利口すぎるヤツや中途半端なヤツはヤクザにすらなれないのだ)。
ユーレイやヨーカイがみえるし、まほうが使えるし、鯉に見えなくもない怪物を使役しているので、組長や幹部に「面白いヤツ」だと一目置かれているからだ。

webで無料公開しているヤクザコメディの再録本です。
そうです、コメディなのです。
たまにちょっと怖いですし、シリアスです。
某出版社様の目に留まり、大幅改稿ののちに商業誌化……するはずでしたが作者のしょうもないワガママによりその話はなかったことになりました。

新書サイズ、カラーカバーつき。