TOP > 視姦 (第2版)スイマー
視姦 (第2版)

[大きな画像を見る]

立ち読み:62回
(2016/4/21)

視姦 (第2版)

著者
高村暦
イラスト
モトキ
サークル名
rg
サークルURL
視姦特設ページ
twitter
発行
2012/11/18
ページ数
72頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
★第十六回文学フリマin大阪にて第2版発行決定

「私はただ、座席に座っている。
ただ、これと定めた「女」の体を、その所作を見つめて
いる。」

――《思想の自由》を振りかざし、その「男」は公然と無罪の強姦を重ねる。
金髪の少女、セーラー服の娘、黒いストッキングの女、ときには白衣の青年、そして……。

高村暦が満を持して世に送る、渾身の視姦小説。
年齢・性別を問わず。広く世人に向けた喜劇連作短編集。


************
04/14
第十六回文学フリマin大阪
【A-22/rg】

04/28
超文学フリマin超ニコニコ会議
【オ-32/冷亜暦】

05/05
COMITIA104
【ま-04a/冷亜暦】

************


☆収録作品

《ある「男」の過剰なまでに実直な潔白証明》
・金髪ピアスの生意気そうな少女
・セーラー服の大人しそうな娘
・白衣姿の寡黙そうな青年
・黒タイツの気疲れしそうな女
・ワンピースの無邪気そうな幼女
《ある「男」の、過剰なまでに実直な潔白証明》

(作品解説 西瓜鯨油社物語作家・牟礼鯨氏)
(イラスト モトキ)

※栞1枚付
※ご希望の方にはクラフトカバーをお付けいたします。
※立ち読みテキストと同内容ですが、PDFの方が綺麗に表示されます。よろしければDLしてご覧下さい。