TOP > ランダム(10冊) > クマとカレーとお姫さますこしふしぎ。
クマとカレーとお姫さま

[大きな画像を見る]

立ち読み:64回
(2016/9/10)

クマとカレーとお姫さま

著者
くまっこ
イラスト
椎名麻子,くまっこ
サークル名
象印社
サークルURL
くまっこにっき
twitter
発行
2010/08/27
ページ数
68頁
判型
文庫版
印刷
コピー
定価
400円
あらすじ
「クマは、西の森に行ったことがある?」
 「森が始まった場所。そこには水の湧き出る泉がある」
 「ねえクマ、わたしその泉に行ってみたいわ」
 「何があっても、クマはわたしを守ってくれるのでしょう?」
  (表題作「カレーのお姫さま」より抜粋)

カリィ好きのお姫さまと従者クマがお忍びで向かった、西の森で見つけた黄金の泉。
冒険を終えたお姫さまを待っていた悲しいできごとと、クマの想い。
——優しくて、可愛くて、ほんの少し切ないおはなしを表題作に、他3篇を収録。

***
短編作品集の2冊目です。
メルヘンファンタジーや現代ものや詩など、いろんな味が楽しめると思います。

おためし読みテキストには、「記憶のみち」の冒頭を載せました。
ブログに載せている作品もあるので、ぜひブログも覗いてみて下さいね。