» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

ゆうさん
これは一体な
          
 それが彼女がわたくしに発した
第一声でございました
  
 長椅子
そおふ
に寝ころびながら
彼女は世の人より幾 
ばくか大きな黒目をくりくりさせて
わたくしを眺めまわしま 
した
その遠慮のなさたるや教養の無さが窺えるものでしたが
純真な好奇心に輝くその瞳に
自然と好感を抱きました
   
 ばたん
と誰かが戸を開け部屋の中に入
てきました
その 
人物は頭を濡らす雨粒を大判の手拭いで乱雑に払いながら
長 
椅子に腰かけて
同じくわたくしを覗き込みました
     
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 
| 水夜ちはる               
                             
 はい
いら
魔法花屋フロ
ラへ
おや
お客さん 
旅の人だね
 そり
分かるよ
この町はそんな大きな町じ 
ないからね
この町に来たんなら
お客さんもこのフ
ト 
ナムの別名は知
てるよね
                
 そう
魔法学園都市
トナム
       
 大仰な呼ばれ方だけど魔法学校がある
てくらいで
住んで 
いるのは千人にも満たない小さな町だからね
町の人間の顔は 
大体知
てる
それにこの町の住人は学生や学者先生でなくて 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 やがて石畳を乱暴に踏み鳴らす
蹄鉄と車輪の音が近付いて 
くる
ありふれていながら
今日ばかりはとりわけ暴力的に聞 
こえるその音は
エンゲルス家の前でぴたりと止んだ
それを 
合図とするかのように
リコは夫妻から離れた
別れの言葉は 
なか
彼女は無言で
玄関を開ける
もとから小さな背中 
玄関が閉じられていくにつれてどんどん細くな
ていく
 
見えなくな
てしまう
                  
 気付けば
ハインリヒの身体は
勝手に動いていた
閉じら 
れかけていた玄関を強引に押し開けて
隙間に滑り込む
   
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

章より
                       
                             
 それは唐突な
命令
              
 俺を見て
祖父が短く
                 
文寛
                         
 お前
結婚しろ
                    
 そう言
                      
 事情も相手も知らない上に
まだ俺は十六だ
       
 結果
俺の口から出たのは
頓狂な疑問符だ
   
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 江戸に到着した私達三人は
試衛館道場に落ち着いた
   
 隊士の募集そのものは
江戸で根回ししてくれていた藤堂君 
のおかげもあ
順調だ
入隊希望者達は
毎日のよう 
に道場を訪れ
応募の為の面会を求めた
          
 しかし
副長土方歳三は
希望者の全てに一
会うようなこ 
とはせず
藤堂君や斎藤君に
流石に
同じ副長助勤でも特 
別扱いされている私に頼むのは遠慮したようだが
ある程度 
篩にかけさせ
た者にのみ
会うようにしていた
ただ
 
希望者同士を立ち合わせて腕の程を見ることもしばしばあり
 
そういう時には殆ど常に
土方も同席した
         

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 僕には二人の親友がいた
                
                             
 一人はやんち
坊主のガキ大将で
込み思案だ
た僕を 
苛めては泣かしての繰り返し
               
 最初は絶対にこんなやつと友達になるもんかと思
たけれど 
                          
 小学三年生の時
僕が上級生に理不尽な理由で絡まれていた 
ところを彼に助けてもら
てから
僕たちの関係は大きく変わ 
                          
                             

» 次の本を見る