» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

                             
  
               
                             
                             
残念だ
                        
 無口で無愛想な親父が初めて
俺に対して未練を示した
い 
つも通り
そうか
の一言で終わるものだと思
ていたから
 
余計驚いてしま
お袋の泣き言よりも
ちの方がより 
重みがあり
後ろ髪を引かれる
              
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 瞼の向こうに淡い光を感じて
は目を覚ました
  
                             
 ぼんやりと二三度瞬きをして
薄暗い天井を眺める
    
                             
                             
いけません
 こんなことをしている場合では 
                           
                             
                             
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 あんたは同類だよ
                   
 なんだ
て墨を入れち
いないんだい
          
 あんたは墨を入れるように
生まれついているのに
    
 あんたのいい人が見つか
たら
安く彫
てやるよ
    
 いい肌をしているもの
                 
 きめの細かいね
反物みたいな肌だ
           
 おお
なじ
てくれるか
                
 も
となじ
てくれ
                  
 も
となじ
ておくれ
                 
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 プロロ
グ                       
                             
 巨大な雲の塔が前方にそびえている
           
 その麓ではときおり稲妻がきらめいていたが
アの 
耳はエンジン音と風に塞がれていて
雷鳴は届かない
    
あれにやられたら
ひとたまりもねえや
 前席のメルセデ 
スが呟いて舌打ちするのがインカム越しに聞こえてくる
   
 ミ
アは返事をすることもできず
ただただ蒼穹と
ぽ 
つりとそびえる積乱雲を見渡した
             
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 確かな感覚に
顔を上げる
               
気が付いたか
                     
 木
が風にざわざわと鳴る音だけが聞こえてくる暗い空間の 
濃い色の髪に縁取られた丸顔の中にある灰色の瞳が
ロボ 
を優しげに見下ろしているのが
見えた
          
 細いがし
かりとした腕の感覚と
少しごわごわしているが 
暖かいマントの感覚が
ロボの背中にある
自分は何故
この 
人の腕の中に居るのだろう
 ロボは思わず首を傾げた
確か
母に頼まれて
家の近くの森の中に苺を摘みに行
ていた
は 
なのに
そうだ
確か
苺の茂みの中から
何か黒い靄の 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 ここは
何処だろう
                  
 何処か
洞窟の中だ
                  
ほら
 お宝はもう
わいらのモンや
     
 
ああ
                       
 これは
                        
 これは
いつも見る夢だ
                
 いつも
このチ
クスが出てくる
           
そうだね
もう
誰もいないし
             
 そして多分
こう答える少年が
昔の自分
        
                             

» 次の本を見る