TOP > 双星譚 バンゲリブラ小史おはようツインテール
双星譚 バンゲリブラ小史

[大きな画像を見る]

立ち読み:206回
(2018/9/2)

双星譚 バンゲリブラ小史

著者
富永夏海
イラスト
北村みなみ
デザイン
島村圭之
サークル名
カオスカオスブックス
サークルURL
カオスカオスブックス
twitter
発行
2012/05/06
ページ数
86頁
判型
その他
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
カシオペヤ座のずっとずっと先に住む彼らが〈バンゲリブラ星人〉になるためには、いくつかの物語が必要だった! 吟遊詩人が語るネモオッポス創星記。ことばを持たない彼らは如何にして言語を会得したか? サ・ムゥ人の名付け行脚に水のない海、〈犬とけつとひしゃくの柄〉、そして勇気ある〈絵描きの君〉とじじいの絵画船が織り成すは、ネモオッポスともうひとつの惑星の物語。