アバカス

[大きな画像を見る]

立ち読み:106回
(2018/6/12)

アバカス

著者
富永夏海
イラスト
北村みなみ
デザイン
島村圭之
サークル名
カオスカオスブックス
サークルURL
カオスカオスブックス
twitter
発行
2013/11/04
ページ数
90頁
判型
その他
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
エロ本ライターを生業とするハサミは、ボスからオカルトの特集記事を任されていた。古くからの友達ピーウィーの経営するクラブに缶詰になり、書きたくもない記事に没頭するうち、次第にハサミの頭のなかでもうひとりの〈凄腕記者ハサミ〉が喚き始める……。売れないDJのカメラ、万年ラウンジDJのピーウィー、そしてその他大勢の量産型DJや、無能なボスへの呪詛が止まらない。理想と現実の狭間でハサミは何を思うのか? 作者自らが長く親しんだクラブ・カルチャーを下敷きに、諷刺のきいた口語体を巧みにあやつり描いた現代小説。