TOP > 水野街クロニクルすこしふしぎ。
水野街クロニクル

[大きな画像を見る]

立ち読み:12回
(2016/4/21)

水野街クロニクル

著者
栗山真太朗
サークル名
少年憧憬社
サークルURL
少年憧憬社 -stars/time/bubbles/laugh
twitter
発行
2013/11/04
ページ数
158頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
――そして、水野街の歴史は灰になった。

東京都江戸川区川町、
アメリカ合衆国サウスダコタ州ウーンデッド・ニー、
そして、神奈川県汐入市水野街。
少年憧憬社が贈る破滅と再生の編年史的短編群。


(文庫版 / 158頁 / 500円)
#1 黒い怪物、あるいは戦場の遠距離恋愛(試読対象)
#2 夜迷い子へ袖を引かれて
#3 テロルと朝食
#4 あの娘にラブレター
#5 土を踏め
#6 壁心病とは
#7 Re:絵描きの魔女とその夫の話
BONUS TRACK ウォヴォカの道化師