TOP > ランダム(10冊) > 鉱石展示室川と夕陽とたい焼きと
鉱石展示室

[大きな画像を見る]

立ち読み:51回
(2019/5/30)

鉱石展示室

著者
波水蒼
サークル名
琥珀舎
サークルURL
琥珀舎
twitter
発行
2013/11/04
ページ数
130頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
《きらきら あります》
琥珀糖専門店ジオードの扉にそう書かれた黒板がかかっていれば営業中。一風変った琥珀糖を作る琥太郎の店には、
ニ風も三風も変った客が今日も訪れる。地学マニアに、シャイな女子高生、恋するご隠居…琥太郎とジオードに来店する客のささやかで温かな交流を描く短編集。第17回文学フリマ会場限定で1冊購入に付き、琥珀糖1袋をプレゼント。作中の菓子を食べなら読む、そんな食欲と読書の秋はいかが。