TOP > 牟礼鯨新着順 > 常磐線喩え話
常磐線

[大きな画像を見る]

立ち読み:32回
(2019/8/30)

常磐線

著者
鳥久保咲人,牟礼鯨,霜月みつか
サークル名
鯨鳥三日
サークルURL
鯨鳥三日
twitter
発行
2013/04/28
ページ数
64頁
判型
A5
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
――だってわたしたちはじめてじゃないんだもの

地に足つかず、その身も定まらない男女が目指すのは、なぜかいつも福島県いわき市だった。真夏の常磐線を舞台に、気が滅入るよう織り成された3篇。

霜月みつか、鳥久保咲人、牟礼鯨の3人によって構成される文藝unit「鯨鳥三日」、その最新作。