TOP > 雨の日、テトラポッドでとなえ
雨の日、テトラポッドで
立ち読み:41回
(2016/4/21)

雨の日、テトラポッドで

著者
霜月みつか
サークル名
1103号室。
サークルURL
1103号室。
twitter
発行
2011/11/03
ページ数
84頁
判型
A5
印刷
オンデマンド
定価
500円
あらすじ
第九回、第十回文学フリマで出したものとタイトル以外は完全リニューアル。

岬と時雨は一緒に住む同性愛カップル。
時雨は女性に見紛うほど美しい容姿をしながら、
自身が中途半端な存在であることに悩み、
岬は、自分は元々異性愛者であるがゆえに時雨の気持ちを根本的に理解できないことに苦しむ。
岬は、あるできごとをきっかけに岬は時雨に養子縁組をしたいと申し出る。
その相談をしに実家に帰ると両親は猛反対し、激怒する。
なんとか受け入れてもらおうと交渉するがうまくいかず、
落ち込んでく岬。その様子を見てなんとか励まそうとする時雨。
ある日、岬が元恋人の由香と再会することで二人の関係がこじれてしまう。

どうしてもお互いがお互いでなくてはならない理由は。
家族になる意味はーーー?
 
 
  • amazonで購入する
    雨の日、テトラポッドで