TOP > ナブ・ナブオーヴァ -ミディアミルド物語 1-身を尽くしてもなお沈み
ナブ・ナブオーヴァ -ミディアミルド物語 1-

[大きな画像を見る]

立ち読み:18回
(2018/8/11)

ナブ・ナブオーヴァ -ミディアミルド物語 1-

著者
野間みつね
サークル名
千美生の里
サークルURL
千美生の里 Web版
twitter
発行
2010/11/19
ページ数
124頁
判型
A5
印刷
オフセット
定価
500円
あらすじ
■クデン国ヴェルナーサ村で暮らすミディアム・サーガ少年は、或る日、軍事大国の一として知られる隣国マーナで傭兵隊に所属しているという男ベーダ・アルカナと知り合う。それを切っ掛けに自分も傭兵になろうと考えるようになったミディアム少年は、やがて、母フィーナと故郷を捨てるようにして、マーナの都デラビダへと赴くが…… ▼〝青い炎《グルーグラス》〟と恐れられる青年武将ミディアム・サーガや〝マーナの知将《ドー・ルーム》〟の異名を取る青年将校ケーデル・フェグラム、そして彼らを取り巻く人々──架空世界〝ミディアミルド〟の戦乱から統一へ向けての或る一時代を描く、全17巻(……それ以上になる可能性も多々ある)予定の長編。 ※発行日は改訂第四版発行日