TOP > ムグロールの赤狼 -ミディアミルド物語 4-人形遣 ―狼牙の響―
ムグロールの赤狼 -ミディアミルド物語 4-

[大きな画像を見る]

立ち読み:10回
(2019/4/5)

ムグロールの赤狼 -ミディアミルド物語 4-

著者
野間みつね
サークル名
千美生の里
サークルURL
千美生の里 Web版
twitter
発行
2011/09/09
ページ数
140頁
判型
A5
印刷
オフセット
定価
550円
あらすじ
■バルバミラの戦いで力尽きた〝恐るべき青い炎《ダグディグル・グルーグラス》〟ミディアム・サーガ。長き眠りから目を覚ました彼の前に現われたのは、ひとりの〝少女〟であった。彼女の存在に戸惑い、その言葉に苛立ちと反発を覚えるミディアム。だが、語り続けるその〝少女〟に突如として襲い掛かってきた暴風の禍々しさに、ミディアムの体は咄嗟に動いていた…… ▼〝青い炎《グルーグラス》〟と恐れられる青年武将ミディアム・サーガや〝マーナの知将《ドー・ルーム》〟の異名を取る青年将校ケーデル・フェグラム、そして彼らを取り巻く人々──架空世界〝ミディアミルド〟の戦乱から統一へ向けての或る一時代を描く、全17巻(……それ以上になる可能性も多々ある)予定の長編。