TOP > ランダム(10冊) > さながら元素のように僕らは出会ったあい、まよう
さながら元素のように僕らは出会った

[大きな画像を見る]

立ち読み:33回
(2019/4/7)

さながら元素のように僕らは出会った

著者
犬吠埼一介
サークル名
犬吠埼一介のホームページ
サークルURL
犬吠埼一介のホームページ
twitter
発行
2014/09/14
ページ数
72頁
判型
B6
印刷
オンデマンド
定価
250円
あらすじ
テクノロジーの飛躍的な発展とともに銀河の彼方へと拡大を続ける、ギャラクシーレギオン。一方、辺境には、フロンティアグラッドという惑星諸侯が、独自の文化を築き対抗していた。

集落の警備中ふと見つけた宇宙船を追跡していたロンドは、ジェネレーターの故障で不時着しようとしたエリイの偵察船に轢き潰されてしまう。そんな、最悪の出会いが、すべてを変えていく。すでに、再度目覚めたとき、彼の心臓その他は機械によって置き換えられて
いたのである……。

テクノロジーディバイドの壁と、覇権主義の強い欲望を乗り越えて、元素のように出会った者たちが幸せを築いていく、そんなお話です。

ジャンルは、軽快なレトロフューチャーを感じさせるスペオペです。

「犬吠埼ナイン構想」という、九作品の短編からなるサーガの四番目の章作品です。ホームページではボイスドラマ風朗読版も展開していますので、ぜひお楽しみいただければ幸いです!

犬吠埼ナイン構想:
Ⅰ 立方体都市シリーズ
Ⅱ 蛮勇は世界を巡る
Ⅲ そのたま! その銃弾が、確かにセカイを変えたのだ
Ⅳ さながら元素のように僕らは出会った

★どの作品から読み始めても問題なくお楽しみいただけます。

イラストを豊富に入れたリニューアル版となります。価格を、昨今の個人出版界隈の事情を考慮して改訂しました。ご了承いただければ大変幸いです。旧版をすでにご購入いただいている場合、アマゾンのサポートから版上げの更新を行っていただければ最新の状態で
閲覧していただくことができます。