TOP > 発行日順(新) > 空言ミストノーツ1歪みを識る者達 ―帝華大学物語1―
空言ミストノーツ1

[大きな画像を見る]

立ち読み:1回
(2018/6/24)

空言ミストノーツ1

著者
青波零也
イラスト
kit
サークル名
シアワセモノマニア
サークルURL
シアワセモノマニア
twitter
発行
2018/05/05
ページ数
210頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
1000円
あらすじ
風の歌は止み、青空の夢は片翼と共に霧の海に潰えた。
それなら、俺様に残されたものは、一体何だっていうんだ?

最速の翅翼艇『エアリエル』を抱え、ただ一人、辺境で燻っていた俺様の前に現れたのは、目にも鮮やかな「青」の霧航士、セレスティア。
どこまでも無垢で、どこまでも真っ直ぐで、誰よりも速く高く「飛ぶ」喜びを知っているセレスとの日々は、俺にかつての日々と、遠い日に交わした約束を思い出させてくれたが……。

これは、「俺」――「救国の英雄」、最強最速の霧航士(ミストノート)ゲイル・ウインドワードと、つくりものの霧航士セレスティアの、在り得ざる「青空」を巡る物語。

===============

霧深い世界を舞台にした、ゆるふわ空戦SFファンタジー。
「Act1:Vector to the Azure」前編を収録。