TOP > 最近立ち読みされた順(10冊) > XXXの仮想化輪廻ぼくたちのみたそらはきっとつながっている
XXXの仮想化輪廻

[大きな画像を見る]

立ち読み:8回
(2018/6/11)

XXXの仮想化輪廻

著者
青波零也
イラスト
夏浦詩歌
サークル名
シアワセモノマニア
サークルURL
シアワセモノマニア
twitter
発行
2016/10/08
ページ数
564頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
2500円
あらすじ
※完売しました。再版予定はありませんが、サイトで全文公開中です。

記憶喪失の青年ユークリッドと、姿の見えない観測者ダリア。
二人は失われた記憶を求めて不思議な塔を上る。
足を進めるたびに姿を変える塔の内側、襲い来る「お化け」、そして記憶を守る「守護者」。
果たしてこの探索行の終わりには、何が待ち受けているのか。

「僕は、都合のいい奇跡なんて望まない」
「私は決して諦めない。君と生きる未来を手に入れるまでは」

これは、最高のハッピーエンドを目指した試行の記録。

青年ユークリッドの視点で冒険の過程を描く第一巻「Side: Euclid(288P)」
観測者ダリアの視点で物語の結末を描く第二巻「Side: Dahlia(276P)」
登場人物の背景やこぼれ話を記述した設定資料集「Image Note」
の三冊を同梱。