幻償

[大きな画像を見る]

立ち読み:8609回
(2021/7/15)

幻償

著者
齊藤木一紗
サークル名
ISSYA Books
サークルURL
ISSYA Books
twitter
発行
2019/03/15
ページ数
442頁
判型
文庫版
印刷
オンデマンド
定価
2000円
あらすじ
朝、妻が死んでいた。
スマートフォンの目覚ましボイスに残されていた犯人のメッセージは、
紛れも無く自分自身の声だった――。

作品は売れず、サイン会も散々な結果に終わり、
自信喪失した小説家が禁断の手術――『才能を得るための脳手術』を受ける。
手術直後の経過は順調だったが、
やがて次々と起こる理解不能な自身の異変に振り回されていく。
身に覚えのない殺人に対する償いとは。
三人の償いは正しいのか、それとも間違っているのか。
その答えを求め、彼らは自身に問い続ける。