» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

                            
本文前エピグラフ
                   
                             
 僕が言
ているのは
                  
 ネガテ
ケイパビリテ
受容する負の能力
というも 
のだ
                          
 先の読めない状況や
理解を超えた神秘や
        
 疑念の中に人があるとき
                
 事実だの
理屈だのを求めて苛立つことなく
       
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 ふ
すといんぷれ
ん               
                             
今日もい
ぱい働いたわ
            
おつかれさま
イチさん
今日もつやつやでおきれいです 
わよ
                          
ニコち
んだ
てきれいじ
ない
       
やだ
そんなほめないでくださいよ
         
てやつは
なんであんなにやかましいんだ
    
 小松駅近くの事務所でイチとニコと呼ばれるキハ娘たちがき 
いき
いおし
べりをしているのを
男たちは苦
しく眺め 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

ぶら
うん
というのが
伝蔵の奉公している店の主 
の名か
                         
そうでさ
三年前の冬
居留地の近くで野垂れ死にしかけて 
たところを
親切にも拾
介抱していただきやしたからね
夷人を毛嫌いしてなさる皆さん方には文句もありやし
うが
 
たとえ夷人が相手でも
受けた恩義を返さねえ奴は
犬畜生に 
も劣りやすよ
                      
 私は
複雑な気分を覚えた
確かに
受けた恩義を返す為に 
力を尽くして奉公しているとあらば
褒められて然るべき心懸 
けだ
しかし
その夷人の方は
何かしら目当てがあ
打 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

※当作品は
掲載作品に一部修正を加え
書下ろしと共 
に収録したものです
以下サンプルは
掲載文と同様で
 
続きは
からお読みいただけます
           
                             
                             
 その丘からは
大樹君国の首都
ロバストル
ツが一望でき 
                           
                             
 季節は春
大樹君国の暦でいう
芽吹
の二か月目を 
迎えていた
その名の通り
広大な国土を誇る大樹君国のあち 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 つけられている
                    
 僕は喘ぐように息をつき
そして後ろを振り返る
背後一五 
トル程の距離を保ち
電信柱の陰から
その黒目がちの
 
針と糸で縫い留められたまあるいボタンのような瞳で
奴は間 
違いなくこちらを見つめている
じとりとした粘性の眼差しに
僕は背筋に冷たいものの這い寄るのを覚える
何も見なか
た 
かの如く
素早くぱ
と前を向き直り
僕はほとんど競歩の勢 
いで家路を急ぐ
                     
 何だ
あれは
一体何なのだ
あれは
          
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 序の章   六道珍皇寺
りくどうちんのうじ
地獄の 
入口                           
                             
                             
                             
                             
 おにいち
おにいち
暗いよ
暗いよ
  
                             
 おにいち
おにいち
早く来て
早く
 
                             

» 次の本を見る