» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

プロロ
                      
                             
 雨が降
ている
しとしとと音もなく
          
 世界は静寂に満たされていて
そこに在るのはわたしという 
存在だけ
周囲には誰もいない
              
 ただわたしだけが壊れた人形のように路面に横たわり
一人 
ポツンと雨に打たれている
                
 路面には赤い絵具のようなモノが拡が
ていた
どんよりと 
した赤い色
どうしてか
それを見ていると酷く気分が悪くな 
                           

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

                             
 古都メクネス
あなたを信じます             
                             
 もうすこしでメクネスへ辿りつくというのに
日没は待
て 
はくれなか
                     
 埃
ぽい車窓から見る空はどんどん暗くなり
駅名も読みと 
れなくなる
わたしは目を皿のようにして外を眺め
周りの人 
たちにしつこく尋ねた
次はメクネスですか
いいえ
まだ
次ですか
まだだよ
たぶん
              
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 
.         
 \
変形
オフセ
 発行日
 
黒服の人
        
                             
 絵文字も使わない
シンプルで端的なメ
他にも何か書 
き加えようかと考えたが
アドレスが変わ
ていたとしたらた 
だの徒労になる
                     
ええい
これで変わ
てたら絶対返事なんてしないからね
 誰に言うでもなく叫び
恵美は一度だけ強く送信ボタンを押 
鳩がメ
ルを持
て飛んでいくアニメ
ンがしばらく 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 プロロ
グ                       
                             
 世界には
科学では説明できないことがある
       
                             
 それが
わたし
風野未沙紀の
    
 小さい頃から
おとぎ話とかフ
ンタジ
とか不思議なお話 
が大好きで
世界は本当にそういう不思議であふれてるんだ
 
て思
てた
                       
風野さんの将来の夢は何かしら
             
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 巨大思考機関
時計塔
梗概
             
                             
 
蒸気都市
帝都の象徴
                
 世界一の処理能力を有する思考機関
思考機関とは入力
制 
記録
演算
出力の五つの処理機能を備える機械をさす
機関情報網によ
城壁
をはじめとする帝都各所の思考機 
関やそれらの端末と結ばれている
             
 本来の役割は帝都を防衛する
城壁
の制御で
機能の大半 
はそちらに割り振られている
               
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             

» 次の本を見る