» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

 
                          
                             
 まるで赤ち
んみたいだ
こんな風に丸ま
ているなんて
 
由香利はそんなことを考えながら
自分の両膝を抱えてまどろ 
んでいた
あたりは真
黒で
何も見えず
ルに潜
た時 
のように
柔らかい何かに
身体は優しく包まれていた
   
 ここは安全だと誰かが囁き
優しく頭をなでられた
暖かな 
手の感触を享受しながら
由香利は心から安堵した
だけど
 
もう二度とそうしてもらえないような感じがして
思わず由香 
利は手を伸ばした
しかし
暖かさに触れた瞬間
消え失せた 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

                       
 狙いは強
あなが
ち的外れではなか
たらしく
相手がカ 
とな
たらしき気配が
初めて感じ取れた
        
 
この野郎
そんなに死に急ぎたいか
       
 凶暴なテレパシ
大音声
だいおんじ
体全 
体を乱打する勢いで浴びせられる
頼山紀博
よりやま のり 
ひろ
は反射的に全方位防壁
バリア
を張
その判断は 
正しか
たが
相手の攻撃エネルギ
の方が
防御エネルギ
 
を上回
衝撃で弾
はじ
き飛ばされ
地面に叩き付けら 
れる
                          

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

                             
 
             
                             
                             
センタ
 行
たぞ
              
                             
 四月の青空に白球が打ち上が
            
余裕
                       
 センタ
を守
ていた少年は
空高く舞い上が
ている白球 
を見上げてそう叫ぶ
そして
空を一直線に裂くように伸びる 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 国の外れの小さな宿屋
二一五号室
騎左は窓辺の椅子に腰 
掛けて刀を磨いていた
決して高価ではない
むしろどこにで 
も売
ている安物の刀
幼い頃に養父から貰
た物だ
特別愛 
着がある訳ではない
ただ手元にあるから使
ているだけ
業 
物があれば
と思
たことくらいあるが
そんなものを買う金 
は持
ていない
第一こんな刀だ
てまだ使える
いいものな 
んか使わなくても
切れ味というのは手入れと使う者の実力に 
よる
それが騎左の信条だ
              
 ふと手を止めて
顔を上げた
              
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 荒い息が聞こえる
自分のもの
隣にいるエヴ
のもの
深 
奈美は疲労で気が遠くなるような感覚に襲われた
エヴ
は霊 
子力のコントロ
ルで普段隠している妖鬼の部分
背中から生 
えた天使の羽のような突起を露にしている
隠している余裕が 
無いのだ
                        
 耳元では次
に現れる妖鬼の座標を読み上げるオペレ
 
の井上翔子の声が悲鳴のようだ
だが
あまり言葉が頭に入
 
てこない
二人の疲労は限界に達していた
         
ラルフ
ちはどう
                
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 ※
形式のためルビを削除
クウロウ
クウ
が 
外字のため
本来は一字であるが
骨古
という二字で代用
 
精確な表記は
版を参照
               
                             
 はしがき
抜粋
                    
 私はある友人から原稿の入
た光学円盤を受け取
本書 
アリス症候群
は彼の命を受け
私が著者代理人兼編集者と 
して制作した書物である
                 
 私と同様の嗜好や美学を持つ彼は古くからの友人であり
慎 
み深いというよりも人前に出ることを好まない性格の持ち主で 

» 次の本を見る