» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

        
                    
                             
 うまくたらしこんで引き入れたものだと感心していたが
い 
ざ話をさせると歯切れが悪く辟易させられる
        
 何度も呼び出せるわけではない
             
 じれ
たいことこの上なか
たが
三度目ともなると
話を 
引き出せている実感を持てるようにな
         
 ちびちびとくちびるを湿らせるようにした酒が減るにつれ
 
近衛の男はうつむいていた顔を上げはじめている
      
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 \
                
                             
 五月病の感染拡大真
只中の西暦二○○○年五月十七日
水 
曜日
この日も例年通り騒がしく過ぎていくはずだ
   
                             
崎の諸君
みんな元気
 それと玄柊館& 
蒼嶺&白雪の皆さん
本日はようこそいら
いました
あさぴ
んの
 
四校戦
今日はなんと六時間生放送の超拡大 
版でお送りしま
                   

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 道化と偽王                       
                             
                             
 地平そのものである土を鎖した氷が
やわらかな陽に煌いて 
いた
乾いた空は晴れ渡り
澄んだ薄青が淡い陽を揺籃してい 
荒野を走る石畳の道は
ゆるやかな傾斜をも
て低地へと 
くだり
蛇行する川に抱かれた街へと続いていた
      
 街を見下ろす丘の上
荒野の道とその両端は
過ぎ去
た時 
代の服飾で溢れている
楽隊の隊列が道に並び
豪奢な衣装で 
日常を塗り潰した見物客が道の両端でざわついていた
華やか 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

   第一章                       
                             
 地上からはるか遠い地の底に
広大な空間が広が
ていた
 
 粉塵で曇
た空気を切り裂いて
天井や壁から
無数のライ 
トの光が伸びている
                   
 そこらじ
うから
岩石が採掘される轟音や
巨大な運搬車 
両の走る音が響いていた
                 
 日の光のま
たく届かない空間で
数多くの労働者たちが
 
マグナ粒子
の採掘に従事しているのだ
        
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 冒頭より                        
                             
 新幹線が速度を落としながらホ
ムに滑り込んでいく
   
 日馬未貴は
停車した新幹線の座席から
くりと立ち上 
ちらりと窓に目を向けると
栗毛のボブに茶色の目を 
した不機嫌そうな顔が見え
顔をそらす
          
 周りでは乗客がそれぞれ下車する準備をしている
その喧噪 
に包まれながら
未貴はボストンバ
グを片手に
ドアへと向 
駅のホ
ムに掲げられている看板には
彼女も話でし 
か聞いたことのない駅名が掲げられている
         

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 
.
 
 
                         
                             
                             
 序章                          
 黄昏が蕩け果てた空には星屑が沈んでいた
大窓を叩く大樹 
の葉が
弾ける雨粒のような音を撒く
           
ひとつの勝利の話をしよう
瓦解へと繋がる勝利の話を
  
                             

» 次の本を見る