» ランダムに再読み込み
立ち読みテキストの冒頭の10行を表示しています。

» 詳細ページを見る

 
あの
馬車だ
                  
 木立から出て来た
小さな馬車の影に
手の中の得物をぎ
 
と握り締める
                     
 一頭の驢馬が引く
少し古びた
幌馬車
ているのは
 
セと同い年くらいの
セよりも華奢な少年
あれくら 
いの少年なら
今のラ
セで襲
ても
おそらく勝てる
背筋 
と心の震えに
セは強く首を横に振
あの馬車の中に 
が三人
ている
優しげに見えるあの少年は
その幼気な
子供達を保護者の腕から引き剥がし
子供を欲しがる金持ちに 
高値で売りつける
極悪非道の
子供さらい
呪術で以て人 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

   彼は最初彼女にと
て珍しい少年
という風に映
 
 なぜなら履修者のほとんどが竜人に属する古代竜人語の履修 
人間の少年が取
たからだ
              
                             
 彼女も最初は物珍しさから取
たのだろうと思い
いつまで 
続くか
というような事を茫洋と思
たものだ
     
 何故いつまで続くか
などという教育者にあるまじき事を考 
えたのか
それは古代竜人語の履修に当た
て人間の
時に 
竜人でさえ
発生することが喉の構造的に不可能な単語が入 
ている事が一因だ
                 

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 帰宅すると
母が笑
ていた
              
 いたく上機嫌の体でかたかた笑い
ときおり歌う
     
 なにを料理しているのか
玄関を開けた瞬間から濃厚なケチ 
プのにおいがしていた
                
 高くのび上が
た母の歌声が窓ガラスをふるわせるにいた
 
私はぼんやりながめていた母の背中から目をそらした
  
 まだ母は私に気がついていない
             
 一階奥にある自分の部屋に
私は逃げこむ
追いすがるよう 
母の笑う声が大きくな
てい
           
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

 黒い怪物
あるいは戦場の遠距離恋愛           
                             
 ◆
                       
                             
 指輪を渡し
愛していると伝える
それだけで万事うまくい 
                           
 非番の銀行員は恋人のそばでこの一連の思考をそ
と反芻し 
ている
季節はサマ
ズン
海水浴客でご
た返すビ
チ 
は盛況を極めている
老若男女が何枚ものレジ
トを浜 
辺に敷いて寝そべり
砂浜の地肌が見えない
        

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             
                             

» 次の本を見る

» 詳細ページを見る

  第一章 七海の場合                  
                             
 ある休日前夜
夕食も入浴も済ませ
パジ
マ代わりの
シ 
ツとハ
フパンツを穿いた女性が
家の居間でソフ
に座 
りノ
トパソコンを覗き込んでいた
            
 パソコンのデ
スプレイに表示されているのは
人形の写真 
が並んだ
                     
 この
に登録している女性
桑原七海はかねてから人形 
仲間とオフ会をしたいと思
ていた
            
                             

» 次の本を見る